引き継ぎはしっかりしてください

私は直接先輩看護師にも何度も言っているのですが、引継ぎをしっかりとして欲しいと思います。先輩は時間にとても厳しい人で自分の勤務時間が終わるとさっさと支度をして帰ってしまうのですが、肝心の引継ぎを忘れてしまう事があり、引継ぎをしなければいけない私は本当に困ってしまうことが多々あります。何度も先輩には引継ぎをしてくれるようにお願いしているのですが、それでもし忘れてしまい、私が出勤する前に帰ってしまうなんていうこともあるので、カルテを自分で確認して患者さんの様子をしっかりと把握しなければなりません。

よほど大切なことがあれば電話をかけてくれたりすることもあるのですが、やっぱり引継だけはしっかりと行ってから帰ってもらいたいと思います。時間に厳しいというのはとても良いことだと思うのですが、引継ぎも仕事の一つだし時間になってさっさと帰ってしまうのは当たりなんて、私だけでは無く引き継ぐ看護師が困るのでもう少ししっかり自覚して欲しいと思うことがあります。何度言っても忘れて帰ってしまうので、わたしが引き継ぎをする時は前もってメールをしておいたりするのですが、それでも忘れてしまうことが多く、中にはすごく怒っている看護師もいて、そのうち大きなトラブルになってしまうのではないかと心配になります。

トラブルになる前に婦長に相談した方が良い

看護師の間だけでこうしな問題を解決しようと思っても甘えてしまう部分や馴れ合いになってしまうなどがあるので、大きなトラブルに発展する前に婦長に一度相談した方が良いと思います。二人でから直接注意されれば、先輩看護師も面白い自分の中で気をつけるようになりますし、後輩に言われるよりも婦長から言われた方がしっかりと自覚する部分もあるのではないでしょうか。

引継ぎに関しては何か一つでも見落としがあれば重大なトラブルに発展してしまうようなケースもありますので、必ずしっかりと引き継ぎをしてから帰ってもらえるように婦長に相談してみた方が良いと思います。いつまでも直接言えず我慢していると患者さんが非常に困るような事態になってしまうことも考えられるので、そうなる前にしっかりと改善するようにしましょう。引継ぎをしないで帰ってしまうのかというのは例え先輩看護師であっても言語道断だと思います。しっかりと改善し、いつでも安心して仕事ができるように一人ひとりの看護師がしっかりと責任を持たなくてはなりません。