お薬は飲んでください

入院患者さんの中には何度注意しても、何度確認してもしっかりと薬を飲んでくれない人がいてすごく困ります。お薬を飲むタイミングというのは患者さんによって違っているので患者さん自身も把握しておいてもらえないと困るのですが、私たちも確認のために薬を飲んだか、必ず患者さんに聞くようにしています。時々忘れていてすぐに飲んでくれる患者さんであれば良いのですが、故意的にお薬を飲むことを嫌がり、薬を飲んでくれない患者さんも多いので、こういった患者さんの場合には本当に困ってしまいます。

治療のためには薬を飲まなければならないという患者さんも多い中で、お薬を飲んでくれなければ治療も長引いてしまいますし、症状が改善するなんて言う事も難しくなってしまいますので、最終的には薬を飲まなかったことが原因となり、痛みが強く出てしまうなんて言う事もあります。決められた時間にお薬を飲むのは面倒に感じてしまうこともあるかもしれないけれど、やっぱり自分の体を健康にするためにはしっかりと薬を飲んでくれないと困りますよね。毎回毎回確認に行くのも大変なことだし、完全に把握するのが難しい場合には、私たち看護師も協力するので必ずお薬は飲んでほしいと思います。

薬の重要性を把握していない患者さんも多い。

病院によっては必ず薬剤師が患者さんの元を訪れお薬の効能に関してしっかりと説明する場合がありますが、そうではなく、医師や看護師は簡単に説明しただけの場合には患者さんがさほど薬の重要性をしっかりと把握せずに飲まないこともあります。よほどはっきりとした症状のある患者さんでなければお薬を飲んでもすぐに体調が良くなるなんていうことはありませんし、どんな効果を持った薬なのかがわからなければ飲まなくても良いと感じてしまう患者さんもいるようです。

ですから患者さんにお薬を飲むように強要するのではなく、まずはお薬一つ一つの効能をしっかりと患者さんに説明した上で患者さんが納得して薬を飲んでくれるように努力していかなくてはなりません。患者さんが薬を飲んでくれないからといって困っているようではいけませんよね。どうすれば患者さんが薬を飲んでくれるのかを考えれば、おのずと答えが出てくるのではないでしょうか。お薬に対して不安を持っている患者さんもいますので、こうした部分に対して安心感を与えていくのも看護師の役割だと思います。必要に応じて薬剤師からの説明なども取り入れていくと良いでしょう。