先生、患者が待ってます

私の病院では先生がのんびりとした性格で、本当にマイペースなので困ってしまうことがあります。患者さんが診察を待っていても、なかなか2階から降りてきてくれないなんて言う事もあるし、小さなクリニックで先生が降りてきてくれないと診察を開始することができません。診察が開始される時間よりも前に病院に来て待合室で待っている患者さんがたくさんいるので、診察時間の少し前には成長がいてくれると助かるのですが、ほとんど毎日診察時間が経過してから成長はゆっくりと降りてくるので患者さんは待ちくたびれた様子で診察室に入ってきます。

マイペースなのは悪い事ではありませんが、やっぱり患者さんの中にはリハビリではなく本当に体調が悪くて待っている人もいるので、できればもう少し急いで欲しいと思ってしまうこともあります。だからといって先生に急いでくださいなんて言えないし、患者さんにもう少しお待ちくださいと言いながらも患者さんの体調がさらに悪くなってしまわないようにいつも見守っています。患者さんが待っていることがわかっているのだから、もう少し先生も急いでくれると助かるな…

ナースではたらこのクチコミ

クリニックの場合にはマイペースな先生も多い。

大きな病院の場合には、自分だけではなく他にも先生がたくさんいますし看護師も多いのでマイペースで仕事をするというのも難しいと思いますが、クリニックになれば独立して自分のクリニックになるので、ある程度は自分のマイペースで仕事をすることができます。そのため患者さんが待っていても診察を開始するまでに時間がかかってしまうという事も多いようですね。

しかし看護師の立場として医師に対して急かすような発言をするのは難しいと思いますし、悩んでしまう部分だと思います。ただやはり患者さんにしてみれば体調が悪い中、わざわざ足を運んで診察を待っていたりすることも多いので、上手な言い回しでもう少し先生が急いでくれるように工夫してみてはいかがでしょうか?あまりにも露骨にマイペースな部分が見えてしまうと患者さんが離れてしまう可能性もありますから、こういった部分に関しては看護師の力添えが必要になると思いますよ。患者さんが少しでも早く楽になれたり診察の結果を知ることができるようにするためにも、先生がもう少し患者さんの気持ちを考えてくれるようになると良いですね。その為にはやはり看護師が患者さんに対して待ってもらったことを申し訳ないと、あえて頭を下げたりすることも必要だと思います。