看護師の主張

これまで看護師として働いてきて一番困ったことは、しっかりと伝えているにもかかわらず引継ぎの話を全然聞いていない看護師さんでした。後輩看護師なのですが、引継ぎをする際に一人一人の患者さんの様子や今日のこれからの看護についてしっかりと説明しているにもかかわらず、いつも上の空で聞いていて、返事だけはしていますが必ず仕事中にわからなくなって電話をかけて来るんです。ちゃんと伝えたにもかかわらず、何度も何度も電話がかかってくるので仕事が終わってからでもゆっくり休むこともできないし、だからといって大きな声を出して怒ったりすることもできずわからないことをメモに取ったり現場にいる看護師に聞いてくれるように言っていたのですが、引継ぎをするのが私なので、とにかく私に何度も電話をかけてきました。

私としてはしっかり引き継ぎをして仕事が終わり自宅に帰ってゆっくり休みたいのに、何度も電話がかかってくると休む時間もないし、やっぱりこういったことはストレスになってしまいますよね。それに引き継ぎの内容を覚えていてくれないので、患者さんはどうしているのかとすごく気になってしまうことだってありました。ちゃんと伝えたのに点滴の量はどのくらいかなんて言う事も電話をかけてくる事があり、本格的に医師に相談しようと思ったこともありましたが、医師に相談してしまうと最悪の場合にはその後輩看護師は病院を追われてしまう可能性があると思ったので何度も電話に出ていましたが、成長してくれるまでは本当に大変でした。

深夜勤での交代などは引き継ぎも難しい。

夕方の交代時間であればしっかりと頭が冴えた状態なので、内容を把握することも簡単だと思いますが、深夜勤務の交代などになってくると時間帯が時間帯ですから、眠い目をこすりながら出勤してくる看護師もいますよね。特に若い看護師の場合にはそれまで睡眠をとっておらず、前の日から遊んでそのまま出勤するなんて言う事もあるので、疲れきっていて引継ぎの内容をしっかりと把握していないということもあるようです。

先輩看護師としたら、しっかりと引き継ぎをして教えてるのに何度も電話をかけてこられるともちろんストレスが蓄積されてしまうと思いますが、医師に相談せず、なんとか後輩看護師が成長するように見守ってあげたのはとても素晴らしいことだと思います。大きなミスなどにつながらなかったので良かったと思いますが、やっぱり引継の重要さをしっかりと教えていかなくてはなりませんね。